ココナラ占い師紹介-祐兎(ゆうと)

ココナラ占い師紹介

ココナラの占い師さん紹介!!

MaGi
MaGi

今回は、Twitterで相互フォローになっているココナラの占い師さんを紹介しようと思います。

ココナラの占いサービスを利用したことない人はこの記事を参考にして占い師さんを選んでみてください

今回紹介する占い師の方は、祐兎(ゆうと)さんです。

自己紹介

タロットを始めて約20年になりました。

きっかけはチャットでしてもらった占い。

それまで全くといっていいほど興味がなかったのですが、色んなことを当てられて興味を持ち、本屋でタロットカードを手に取りました。

その後、導かれるようにタロットを学び、多くの方や企業様を占わせていただきました。

今はタロットの可能性を広げるべく、講座を行いながら、バーやカフェ、学校など様々な場所で活動をしています。

タロットカードをどうやって学んだか?

基本的にタロットは独学です。

独学ですが、一人で学んだわけではありません。

最初はチャットを通して占わせていただきながら、チャット上でタロットをされている方々と色々な解釈を交換しあい、リーディング技術を磨きました。

その後、大阪でプロの先生に師事し、タロットの解釈の幅を広げました。

祐兎(ゆうと)さんのタロットカードの解釈、タロットリーディング方法紹介

タロットの絵柄にはたくさんの意味が散りばめられているのですが、こう読まなければいけないという縛りはありません。

タロットの解釈は自由です。

以前、お腹が空いて、あるお店に行くことにしました。

初めて行くお店だったので、どんなお店かということで一枚引くと、ソード10というカードでした。

倒れた人に10本の剣が突き刺さっている様子が描かれたカード。

これは食中毒にでもなるのでは‥とも思いましたが、行ってみたらなんのことはありません。そのお店は閉まっていたのです。

倒れている様子から、お店が閉まっているという連想をする。

そういうイマジネーションの力を広げ、そして繋いでいくことをリーディングの基本にしています。

愛用しているタロットカード紹介

たくさんのカードを使ってみましたが、現在メインで使っているのは、78枚のフルデッキを最初に勉強した「ライダーウェイト」。

使い始めてからずっと変えていないので、かなり年期が入ってますが、その分手に馴染んでいます。

全て絵柄のカードとなっていてわかりやすいため、このカードをタロットの入り口とされる方も多いのではないでしょうか。

20年近く使っても、それでもまだ新しい発見があったりして、とにかく奥深いカードでありパートナーです。

これからタロットカードを勉強したい方にアドバイス

タロットは、多くのものが78枚。一つひとつ意味を覚えないといけないと思っていませんか?

最初からそうしようとすると、大抵の人は挫折してしまいます。

自分もそうなりかけました‥。そうならないために一番いいのは、一人でやらないことです。

同じ勉強をする仲間を見つけましょう。

それは同時に、他の人の解釈の仕方も取り入れることができるので、タロットのリーディング力も加速的に早くなります。

そして、もう一つ大事なことは、直感を信じること。

カードは、占っているあなたにわかるように出てきています。

だから、あなたが感じたことが正しいのです。

同じカードでも、誰が出したのかによって解釈は変わると思ってください。

最初はカードが何を言ってるのかわからないかもしれません。

でも、カードと仲良くなればわかるようになってきます。

なんかこんな気がする‥というあなたの感覚を大事にしてくださいね。

ココナラ占い師として案件獲得のコツやアドバイス

占いをやっている人は無数にいます。

その中から自分を選んでいただくには、まずは知ってもらうこと。

そのために最初は料金設定を低めにすることは必要かもしれません。

ただ、安ければよいというものでもありません。

自身のカードの価値を下げることになるため、逆効果になることも多々あります。

ある程度の自信がついたら、料金設定を見直しましょう。

また、SNSを通して自身を発信することも大事です。

占い師として案件を獲得するには、技術ももちろん大事ですが、それ以上にいかに知ってもらうかが重要です。

最後に

タロットは、その組み合わせで無限の意味と可能性を秘めています。

そして、その可能性はタロットを手にする人のものでもあります。

タロットを始めてみたい方、一度挫折したけどまた始めてみたい方、ぜひ一緒にタロットの世界を楽しみましょう!

MaGi
MaGi

今回はココナラ占い師祐兎(ゆうと)さんでした。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です