「タロットカードの解釈から考えるいろいろ」byママ占い師・小川真 in 埼玉

タロットカードの解釈から考えるいろいろ

タロットカードについて学ぶうちにあるひとつの壁に突き当たった

私は、昔からスピリチュアルなことに関心が強く、いつしかタロットカードへと辿り着きました。

そして、タロットカードについて学ぶうちにあるひとつの壁に突き当たったのです。

タロットカードの「解釈」の壁です。

生きた人間……これまでの生きてきた背景も、今現在の状況も、悩みも価値観も、そしてこれからの望む未来もそれぞれに違うため、同じカードが出てきても解釈が変わってくるのです。

そして、タロットカードの一番の魅力でもあり、要になるところ、ですが一番難しいのが「解釈」なのです。

そんな、解釈1つでガラリと鑑定結果が変わってくるため、より精度を高くするためにどうしたら良いかと悩んでおりましたところ、幸運にも、紹介制でのタロットカードのことについて全般的にご鞭撻下さる方とのご縁を頂くことが出来ました。

私がレッスンを受けたのは今から四年以上前のことになりますが、それから一年半ほど、解釈について私の知らなかったリーディング方法を学ぶことが出来ました。

6000円/1レッスン・60分で、私の率直な感想としてはかなりお値打ちな授業だと感じました。

なぜならば…………内容が濃いのです。

主にタロットカードの解釈について学びましたが、とにかく濃いのです。

これだけのクオリティの高さで6000円とは良心的な値段設定だと思いました。

例えば、皆さん、大アルカナの「死神」についての一般的な解釈としては

・終わりを迎える

が一番多くの確率で採択されるものだと思います。

ただ、その一言で「終わりを迎える」と言っても「何が」終わりを迎えるのかが重要ですよね。

そこで、補足カードを出して全体を見て鑑定するのが一般的ですよね。

・この苦しい状況が終わりを迎える

のであればそれはもう明るい未来が待っていますから、自分を信じて、安心して、このまま一層精進を続ければ良いのです。

ですが

・この満ち足りた状況は終わりを迎える

ですと、大半の人が青ざめると思います。

少なくとも私は心臓の鼓動は乱れ、冷や汗をかきながら青ざめます。

ですが、ここで1つ、もう一歩踏み込んで考えなくてはならないことがあるのだと教わりました。

あなたにとって、この満ち足りた幸福な状況は、果たして本当にあなたの幸せですか?

一見するとそれは、もしかすると本当の意味での幸福とは違うものになっているのではないですか?

というもの。

人はみな、精進し、学び、成長することを目的として生まれてくるそうです。

その一見、幸せだなぁと感じていたものが、真の意味での幸福ではなかったのだとしたらどうですか?

もしくは単純にあなたにとって不必要な、むしろ手放したほうが良いものであるなど。

その満ち足りた状況に甘んじてしまい、精進をやめ、学ぶ姿勢を失い、成長をとめてしまったのだとしたら、厳しくとも、でも、とても深い愛の込められたメッセージですよね。

生まれてきた意味を思い出して………

・この満ち足りた幸せとも思える状況は終わりを迎えるよ。

なぜなら本当の幸せではないのだから。

手放したほうが良いものだから。

生まれてきた目的を果たすことが出来ないのだから。

そう。

つまり。前者のリーディングでも後者のリーディングでも、結局のところ相談者様のこれからの幸せのためのメッセージなのです。

どんな鑑定でも必ずそこに行き着くとのことでした。

私たち人間の考える「幸」と「不幸」は、

タロットに現れる「幸」と「不幸」とは違うものなのだと。

本質的な意味までしっかりと解釈して、幸せへと導くことが、その手段を伝えることがリーディングにおいて大切なことだと教わりました。

初めて出会うタイプの先生でした。

不思議な人だというのはすぐにわかりましたが、

確かにそうですね、彼の気持ちや彼との未来を聞いても意味はありませんね。

全て、「変えられる・変わるもの」なのですから。

先生ありがとう。

ちょっとだけ、改善点があるとすれば先生は教えるのが上手くはないということくらいかな?(笑)

力は確かなので、教える技術が先生にもう少しだけあると良いかも。(笑)

人柄は良いですから。

皆さんも、タロットカードなどのセミナーや講習を受ける際には、

カードの深い深い、本質的な意味を教えて下さる先生のもとで学ばれて下さいね。

ご自身もより良い鑑定が出来るようになり、

さらに相談者様にとっても新たな気づきが得られ、

誰にとっても良いことづくしなので(^-^)

皆様が更なる幸福へと歩まれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です