詐欺師の使う心理テクニック(信頼と説得の心理学について)

The Confidence Game(信頼と説得の心理学)

人間心理の本質を理解して詐欺師の心理ゲームを紐解く

The Confidence Game(信頼と説得の心理学)の評価
オススメ度
(4.5)
難易度
(2.5)

今回紹介する本はThe Confidence Gamge(信頼と説得の心理学)です

催眠奇術師のバーディーさんが書いた「世の中で悪用されている心理テクニック」と似ている内容です。

世の中で悪用されている心理テクニック(催眠奇術師Birdie)

詐欺と手品は同じ原理を持っているので、マジックを勉強している人にとっても参考になる部分が多いです。

「たとえば、手品師のペン&テラーのカップとボールを使ったマジックは、タネを明かしたあとでも、きっと見破れないだろう。手品は単にタネだけじゃない。技術や演出があって成立する。全体の語りこそが人々を欺く」。その根本において、手品と詐欺は同じ原理を持っている。どちらも、私たちの信念を操るのだ。

The Confidence Game(説得と信頼の心理学)p8
マリアコニコヴァ著 片桐恵理子訳

みんな自分だけは特別だと信じ、騙されるわけがないと思いこんでいる

心の中でみんな自分こそは優れている人だと思っています。

このことを示している心理学の用語はたくさんあります。

有名なものとしては「レイク・ウォビゴン効果」というものがあります。

部活や仕事など何でもそうですが、「自分は正当に周りから評価されていない」と感じる原因はコレです。

残念ながら、自分を客観視できている人はほとんどいません。

この文章を読みながら「自分はちゃんと客観視できている」と自身を持っている人こそ、詐欺師のカモになりやすいと言えます。

詐欺師はあらゆる手段を用いて、「平均以上効果」を私たちに意識させる。正確に急所を突いて、私たちの虚栄心に訴える。なにせこちらの心理を見抜くために、入念に下準備をしているのだ。

The Confidence Game(説得と信頼の心理学)p184
マリアコニコヴァ著 片桐恵理子訳

レイク・ウォビゴン効果と似ている人間心理として、自分に振りかかるリスクは平均以下だと見積もる傾向があることも分かっています。

1986年、シカゴにあるイリノイ大学の心理学者リンダ・パーロフとバーバラ・フェッツァーは、私たちの信じる脆弱性が広義の脆弱性とどう異なるかを調査した一連の研究結果を発表した。そのなかでふたりは、人は日常生活の悪い出来事に、実際以上に影響されにくいと思っていることを発見した。つまり、人は自分たちに振りかかるリスクは平均以下だと見積もっているのだ。

The Confidence Game(説得と信頼の心理学)p196
マリアコニコヴァ著 片桐恵理子訳

みんな自分が急に病気になったり、事故に巻き込まれたりなんかしないとどこかで思い込んでいます。

この「自分に降りかかるリスクを客観視できていない」人ほど、「自己責任論」を主張しやすいのかもしれません。

「自分に対するリスクを客観視できてない」例として、最近ツイッターでバズっていた浅田さんの投稿を挙げてみます。

「精神が安定している人をパートナーに選ぶかどうか」は個人の好みの問題であり、そこにケチをつける気はないです。

ただまぁ、この投稿をファボッたりRTしている人に言えることは「自分は精神が安定していて、今後もメンタルを病むことなんてない」と無根拠に思い込んでいるということですね。

うつ病の患者さん対して心のどこかで「アイツはメンタルが弱い(=自分はメンタルが強い)」と思い込んでいるのと似ています。

「自分には関係ない」、「自分は大丈夫」と思っている人ほど騙される可能性が上がります。

だまされやすい人、だまされにくい人というのは存在しない(みんな騙される)

マルチにはまっている人、情報商材を買っている人をみてついつい思ってしまいがちです。

世の中に完璧な悪人・善人がいないように、だまれやすい人・だまされにくい人というものは存在しません。

「自分はだまされにくい人だ」と思っているのは勘違いです。みんな騙されます。

心理学者カーラ・パクとダグ・シャデルの2011年の調査によると、タイプによって騙される詐欺の種類が変わってくるからだ。

バーナード・マドフのような自転車操業型(ポンジ・スキーム)の投資詐欺や、新規の石油事業への投資をそそのかすビジネスチャンス詐欺の被害者は、年収5万ドル以上の高学歴な年配男性に多い。一方で、宝くじ詐欺などの被害者の多くは、教育水準が低く、収入も低いという。

The Confidence Game(信頼と説得の心理学)p54
マリアコニコヴァ著 片桐恵理子訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です