【催眠術を本気で学びたい人向け】催眠と観念運動における被暗示性について

暗示は催眠術において中心的な役割を担っている

Suggestion is central to hypnosis. On the HGSHS:A and SHSS:C, hypnosis is induced by suggestions for relaxation, focused attention and eye closure; and hypnotizability is measured by response to suggestions for arm catalepsy, age regression, auditory hallucination, post- hypnotic amnesia, and the like. The connection between hypnosis and suggestion is so strong that the two domains have been concatenated throughout the modern history of the field (Bernheim, 1886/1889; Hull, 1933; Weitzenhoffer, 1953; Braffman and Kirsch, 1999; Kirsch and Braffman, 2001). 

The Oxford Handbook of Hypnosis
The Domain of hypnosis, revisited
p26
https://pontimagic.com/wp-content/uploads/2019/02/75D9E224-0274-4B12-BEDA-587EC2251882.jpeg
MaGiくん

Googleブックスで70ページ程度は無料で読めますので、興味のある人は見てみてください

参考 The Oxford Handbook of HypnosisGoogleブックス

引用した文章にも書いてありますが、暗示は催眠術でも中心的な役割を担っています。

暗示がなければ催眠術は成り立たないと言っても過言ではありません。

催眠術の暗示性には2種類あるみたいで、EysenckとFurneauxは”Primary Suggestibility”と”Secondary Suggestibility”と表現しています。

Eysenck and Furneaux (1945) distinguished between primary ideomotor suggestibility, involving direct verbal suggestions for bodily movements, and secondary suggestibility, involving indirect, nonverbal suggestions for sensory perceptual experiences. Although this distinction makes some sense, conceptually, it has not always held up empirically (Evans, 1967).

The Oxford Handbook of Hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p26
参考 Suggestibility in the normal waking state.APA PsycNET

“Primary suggestibility”は直接的な言語による暗示を含み、”Secondary suggestibility”は間接的な言語を用いない暗示を含むものとされています。

Primaryの暗示は身体運動を促すための暗示であり、Secondaryの暗示は感覚などの知覚変化を促すための暗示になります。

暗示性については、PrimaryやSecondaryだけではなく色々な形のものがあります。

そこでEysenckは”Tertiary Suggestibility”という3つ目のカテゴリーを提唱しました。

Moreover, it seems clear that there are forms of suggestibility that go beyond the primary– secondary distinction. For example, Eysenck proposed a category of tertiary suggestibility, to cover persuasion effects in attitude change (Eysenck, 1947).

The Oxford Handbook of Hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p26
参考 Dimensions of PersonalityScientific Research An Academic Publisher

この第3の被暗示性カテゴリーにはプラセボ効果などが含まれています。

Social psychologists have studied aspects of tertiary suggestibility involving conformity, persuasion and other forms of social influence (Zanna et al., 1987; Zimbardo and Leippe, 1991; Forgas and Williams, 2001); these appear to be largely unrelated to hypnotizability (Moore, 1964). There is also the placebo effect, and related effects of suggesting to patients that they are receiving medical treatment (Harrington, 1997; Shapiro and Shapiro, 1997; Kihlstrom, 2003).

The Oxford Handbook of Hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p26

“conformity”や”persuasion”、その他の社会的影響が第3の被暗示性カテゴリーに含まれています。

プラセボ効果もこれらと同じように、一見すると被催眠性(催眠にかかりやすいかどうか)とは全く関係がないように思えます。

プラシーボ効果と催眠術の違いについて

Although placebo responses are mediated by expectation (Kirsch, 2004), and expectation plays some role in hypnosis (Council et al., 1986), hypnotic analgesia appears not to be mediated by the placebo response (Evans, 1967, 1976; McGlashan et al., 1969). Furthermore, expectancies turn out to play only a modest role in hypnotic responsiveness (Shor et al., 1984; Benham et al., 2006).

The Oxford Handbook of hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p26

催眠においてもプラセボ効果と同じように期待(Expectation)が何かしらの役割を担っていますが、催眠術による麻痺(analgesia)ではプラセボ効果が介入しているわけではないみたいです。

さらにこの期待(Expectation)は、催眠術に対する反応においてあくまで軽微な効果しかないとされています。

つまり、プラセボ効果と催眠は確かにある程度似ている部分はあるけれども、催眠術=プラセボ効果ではないということです。

プラセボについて知らない方は、Wikipediaの記事を参考にしてみてください。

偽薬効果(ぎやくこうか)、プラシーボ効果(placebo effect)、プラセボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言う。

Wikipedia
参考 偽薬Wikipedia

被験者を投与群(=新薬を飲んでもらう)と非投与群(=薬を飲まない)に分けてしまった場合、新薬に実際の効果がなかったとしてもプラセボ効果で見かけ上非投与群に比べて効果があるようになるケースが生じてしまいます。

そのため新しい薬の効果を測定する際には、ビタミンなどが入っている新薬と同じ形状の錠剤を比較として投与します。

こうすることでプラセボ効果という測定誤差をなるべく除去することができます。

https://pontimagic.com/wp-content/uploads/2019/02/AD312138-01F5-4F7B-BD55-0A6ABB870900.jpeg
MaGiくん

よくあるのが「このサプリメントを飲んで健康になりました!」的な誤解で、思いっきりプラセボ効果ですね。目に見えて効果が分かるのであれば、それはサプリではなく立派な医薬品になってしまいます・・・・

https://pontimagic.com/wp-content/uploads/2019/02/AD312138-01F5-4F7B-BD55-0A6ABB870900.jpeg
MaGiくん

プラセボ効果をちゃんと排除したいのであれば、サプリメントを飲む飲まないのビフォーアフターではなく、似たようなサプリメント2種類飲み比べて確かめた方が良いです

催眠術と観念運動の暗示はかなり類似している

Based on present knowledge, hypnotic suggestions most closely resemble primary ideomotor suggestions, suggesting that they belong to overlapping domains (E. R. Hilgard, 1965).

The Oxford Handbook of Hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p26

観念運動については、バーディーさんのMRIペンデュラムというメンタルマジックの商品レビューで言及していますので興味のある方は参考にしてみてください。

MRI ペンデュラム by Birdie MRI ペンデュラム by Birdie

ここで言われている”primary”と”secondary”についてはアブストを読めば理解できます。

This study is an attempt to verify the findings of Eysenck and Furneaux (using a normal rather than abnormal population) with regard to the factorization of performance into two types of suggestibility, designated as “primary” (ideomotor) and “secondary” (indirection or gullibility). 

“Primary” and “secondary” suggestibility.
The Journal of Abnormal and Social Psychology, 48(3), 336-340
参考 'Primary’ and 'secondary' suggestibility.APA PsyncNET

観念運動における暗示についてはさらに2種類に分けることができる

In the first place, ideomotor suggestions can be further classified into two types: direct suggestions for the facilitation of some motor behavior, such as eye closure or arm catalepsy; and challenge suggestions for the inhibition of motor behavior, such as arm rigidity or arm immobilization.

The Oxford Handbook of hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p27

観念運動における暗示では、”Direct Suggestions”という直接的な暗示と”Challenge Suggestions”という挑戦的な暗示の2種類があるみたいです。

直接的な暗示と書いていますが、「目を閉じる」や「腕のカタレプシー」などの催眠術で典型的なものを指しています。

挑戦的な暗示は、腕の筋固縮や不動化などの運動抑制を行う暗示になっています。

知覚や認知に対する暗示はこれら”Direct Suggestions”と”Challenge Suggestions”が入り混じった形になっているとされています。

Interestingly, these perceptual-cognitive suggestions also come in two forms that roughly parallel direct and challenge ideomotor suggestions.

The Oxford handbook of hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p27

直接的・挑戦的な暗示、観念運動や認知に対する暗示を区別するため、被暗示性を調べるスケールを用いて繰り返し様々な分析が行われてきた

The distinctions between direct and challenge ideomotor suggestions, and between ideomotor and cognitive suggestions, has been repeatedly confirmed by multivariate analyses of the Stanford and Harvard scales (e.g. E. R. Hilgard, 1965; Spanos et al., 1980; for a review, see Balthazard and Woody, 1985).

The Oxford Handbook of Hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p27

ちなみに、これら3つの暗示については最近の洗練された解析によってアーチファクトでないことが分かっています。

A recent, highly sophisticated multivariate analysis confirms that the three basic factors of hypnotizability—direct, challenge and cognitive suggestions—are not an artifact of item difficulty (Woody et al., 2005).

The Oxford Handbook of Hypnosis
CHAPTER2 Suggestions
p27
参考 Multiple hypnotizabilities: differentiating the building blocks of hypnotic responsePubMed

人為的に作った区別ではないということになります。

今回の記事で紹介したことを最後に軽くまとめたいと思います。

今回の記事のまとめ

要約
  1. 暗示は催眠術においてかなり重要な要素
  2. プラセボ効果においてだけではなく催眠術でもExpectation(期待)は何かしらの役割を果たしているが、その効果はあくまで限定的
  3. 催眠術と観念運動を起こす暗示はかなり似ている
  4. 観念運動の暗示はさらに2種類に分けることができる
  5. 暗示は3種類に分類でき、それらは被暗示性のスケールを用いて今まで繰り返し分析されてきた
  6. 被暗示性の基本的な構成要素であるこの3種類の暗示は、アーチファクトではないことが最近の研究で確認されている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です